攻略

闇ゾーマ討伐動画!全職業視点

投稿日:

初日に闇ゾーマに行って動画にUPしてみたのですが、すごく画像が荒かったので、今回は全職バージョンをUPしてみました。

今回の闇ゾーマは、タゲ下がりとかタゲ移りとか、すごく勉強になるボスだなぁと思います。

レグ4物理構成とかに似ているのかな?

決められた職業決められた呪文決められたアイテムしか使えないので、いつでも葉っぱ、しずくが使える常闇系とはまた別だと思いますが、戦い方は似ていると思います。

何回か討伐しましたが、エンドまで引っ張る事が一番の安定に繋がり、後半は、
1度でも追いつかれたら全滅!
●1度でもタゲミスすれば全滅!
(助かる時もありますが…)
…と本当に1つのミスで愉悦を誘発され全滅するボスなので、最近のボスでは一番面白いボスでした( ^ω^ )

スポンサーリンク

闇ゾーマ討伐動画

<僧侶視点>


<戦士視点>

<勇者視点>

<賢者視点>

↑この討伐は27分かかっており、よくMPが持ったなぁって思いました(笑)

スポンサーリンク

各職業の立ち回り方

今回は初日から何の攻略も見ず、自分なりにやってみて思った事です。
(他にもっといい方法があるかもしれません)

闇ゾーマは、基本的な事が出来てさえいれば特に問題ない敵なのですが、タゲ移りが非常に多いので、そういうのも見分けないと壁の崩壊や、エンドが分からなくなったりしますので、しっかり見極めることが重要なボスかなぁと思います。

<僧侶>
●自分がタゲじゃなければ、壁に入りながらフバーハ1回
●エンドで通常攻撃ならベホマ
●エンドで範囲技ならベホマラー
●余裕あるならスクルト
(フバーハが2回入っていてHP満タン時のみ)
壁時の行動は1回が良いと思います。
●美学は固まってぼうぎょ

<戦士>
●基本は壁&壁スイッチ
2回やいばくだきなどで行動したらエンドはターン溜めてチャジタやぼうぎょにカーソルを合わせておく。
マホカンタが自分に入っている場合のみ入っていない人をかばう
●デドスやかがやくいきが来た場合、カンタやフバーハが入ってなければチャジタで阻止
愉悦はチャジタにカーソルを合わせておき、ゾーマにくっついて入力すれば阻止できます。
抱擁は下がる
●美学は固まってぼうぎょ

<勇者>
壁補助し、エンドで離脱し、エンドが範囲技なら石を使う
●自分タゲなら下がる。
●CTのギガテインが来たら、回復(石)優先だけど打てる時に打つ。
基本は僧侶のマラー&勇者の石でHPを常に満タンにしておく
●勇者がMP管理した方がいいかも。
●美学は固まってぼうぎょ

<賢者>
●自分がタゲじゃなければ、壁に入りながらマホカンタ1回
カンタ優先は僧侶、賢者>戦士>勇者
●僧侶タゲでHP満タンじゃなければ壁しながらベホマラー。
●カンタが入っていて余裕あるならバイキルト戦士>勇者。
壁時の行動は1回が良いと思います。
●美学は固まってぼうぎょ

どの職もタゲの人は絶対に最後まで引っ張る!
(追いつかれてはいけない)

タゲ移りを把握し、壁に入ったり下がったりすることが一番重要です。

僧侶&賢者は詠唱速度がめっちゃ遅いので壁が成立したら呪文は1回で良いかと思います。
(バイキルトはそこまで長くない)

このボスは、強いとはまた違って、基本的な事が出来なければ(タゲ下がり、移り、スイッチ)キツイと思います。

ただ、しずくや葉っぱを制限なく使える他のコンテンツよりは、↑人によっては闇ゾーマは難しく思う事もあるかもしれませんが、基本的な事を学べるとても良いボスだと思います。

練習にはいいなぁって思います☆

スポンサーリンク

 ゾーマの出し方がもったいない。でも…

同盟系で出してほしかったなぁとは思いますが、同盟なんかで1ミス出来ないとかだと荒れそうな気はしますね!

こんな感じで興味がある人だけで行ける方が良かったのかな?

久しぶりの良いボスだったけど、11/16まではまだ時間がありすぎる!(笑)

まだ闇ゾーマ討伐していない人がいれば、配信などで練習しながらまだ遊びたいなぁと思います。

闇ゾーマ実装からけっこう経ちましたが、
皆様は、どの職で闇ゾーマを倒しましたか?

初日の討伐動画はこちら↓

●ひかりのたまなし(闇ゾーマ)討伐!
http://dq10kizuna.com/archives/hikarinotamanasi-yamizo-matoubatu-douga.html

闇ゾーマ 何回行っても 面白い☆
       えみ蔵、心の俳句

皆様の1日1回の
応援クリックお願いします☆
何回くらい倒したと思ってるの?
7回くらい?  あと3回!
ランキングボタン 押すまで 待つの

-攻略

Copyright© プクリポと絆 ドラクエ10攻略 , 2017 AllRights Reserved.