検証

攻撃魔力の差の違い

投稿日:2015年8月14日 更新日:

攻撃魔力の数値の差と、

炎10%を装備すると、どのくらいダメージに差が出るのかなど!を検証してみました。 

 

スポンサーリンク

今回は3パターン

1.攻撃魔力756を基礎とする
   炎ベルト10%+メラ系宝珠5%(計15%)
 

 

2.攻撃魔力756
      メラ系宝珠5%
 

 

3.攻撃魔力756
      メラ宝珠1%

 

●それぞれ10回ずつメラゾーマをし、
  ダメージの平均数値をとりました。
●魔法覚醒を使用。
暴走していない通常時のダメージです。
●実験モンスターはスパイクヘッド↓
 

 

表にしてみますと↓
(小数点切り上げ)
 
 

施行回数

炎ベルト10%
宝珠5%

宝珠5%
のみ

宝珠1%
のみ

1

773

699

672

2

791

722

676

3

770

712

683

4

763

718

683

5

766

714

672

6

779

716

674

7

782

699

670

8

763

714

680

9

789

714

680

10

770

703

680

平均値

775

711

677

最小ダメージと
最大ダメージ

28

19

13

炎15%ありとの
違い

?

64

98

結果は、
1.炎10%ベルト+メラ系宝珠5%
      平均値775
      最小ダメージと最大ダメージの差28

 

2.メラ系宝珠5%のみ
      平均値711
      最小ダメージと最大ダメージの差19
      炎ベルト10%を装備した数値との差
      →64

 

3.メラ系宝珠1%のみ
      平均値677
      最小ダメージと最大ダメージの差13
      炎ベルト10%と宝珠5%を装備した
      数値の差98
 

 

つまり、同じ攻撃魔力でも、炎ベルト10%と宝珠5%を両方装備している状態ならば、宝珠1%のみ(付けているだけの状態)と比べて
平均して1撃100ダメージ近くの差になると言う事が言えます!
(宝珠すらない場合はもう少しダメージ差は下がると思います)
 

 

これは1撃の計算ですから、何発も打つ魔法にとっては敵を倒すまで打つため、総合するとダメージにかなりの違いが出て来ます!

 

魔法職は、炎ベルト+宝珠5%は必須と言えるでしょう。
 
 
 
次は、攻撃魔力が34(中途半端ですが…)
違えばどれくらいのダメージの差が出るのか検証です。
 
 

 

1.攻撃魔力774
   ●炎ベルト10%+宝珠5%あり
   ●魔力覚醒を使用
   ●暴走していない通常ダメージです
 

 

2.撃魔力740
   ●炎ベルト10%+メラ系宝珠5%あり
   ●魔力覚醒を使用
   ●暴走していない通常ダメージです

 

表にしてみますと↓
(小数点切り上げ)

施行回数

攻撃魔力

774

攻撃魔力

740

1

737

695

2

735

686

3

737

695

4

726

697

5

716

709

6

728

707

7

712

705

8

720

686

9

714

695

10

712

705

平均値

724

698

最小ダメージと

最大ダメージ

25

23

攻撃魔力774

とのダメージ

?

26

結果は、
1.攻撃魔力774
      平均値724
      最小ダメージと最大ダメージの差25

 

2.攻撃魔力740
      平均値698
      最大ダメージと最小ダメージの差23
      攻撃魔力774とのダメージ差26
 
こちらの結果は、ダメージ差26です!
すごく変わる!と思っているかも知れませんが、攻撃魔力34の違いで26です!
攻撃魔力1違ったとしても、ダメージ1の違いにもなりません!
 
 
最小ダメージ差と最小ダメージ差が約25前後ですので、そこまで違いません!

 

攻撃魔力30くらいの差ベルトや宝珠の条件が合えばこの差ですが、
例えば攻撃魔力が30低くても炎ベルトや宝珠を付けていれば攻撃魔力が高い方よりもダメージは断然そちらの方が出るのです。
 
攻撃魔力の数値に騙されてはいけません
 

スポンサーリンク

属性ベルトを付けているか、宝珠を付けているかの方が重要になってきます!

 

数値は、攻撃力も同じですが高い方に目を向けやすいですが、属性ベルトや宝珠があるかないの差の方が遥かに重要なのです!

 

攻撃魔力や攻撃力よりも属性ベルトや宝珠に目を向けましょう。
(野良で誘う場合は特に!)
 

 

例えば、コインボスなど野良で魔法を探していたら、
「魔力800」の人と
「魔力750 炎15%」と書いている人がいたとすれば、後者を誘った方がいいと言う事です。
 
 

同じ攻撃魔力で炎15%がある場合ない場合と比べて約100近くのダメージの違いがありますが、それを攻撃魔力で補うならば、約120近く攻撃魔力を上げなければ行けない計算になります。

(施行回数が少ないので何とも言えませんが(つД`)ノ)
 

一般的に言われているのは、メラゾーマは、攻撃魔力が約3上がれば1ダメージ上がる程度
みたいです。

メラゾーマのダメージが10の差というのは、攻撃魔力でいうと30前後上げなければ10ダメージは上がらないのです!

(平均して)ですが、毎回振れ幅が違うため、あまり変わらない様に見えます

よって、攻撃魔力30程度高くても、ダメージ10くらいしか変わらないのです!

 
と言っても!
同じ状況ならば、攻撃魔力や攻撃力がある方がいいですが、1?10くらい違っても誤差

に過ぎません!
 

 

近々、攻撃力の違いも検証したいと思います。

 

以上、私なりの検証(データが少ないですが)と考察でした。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします(≧∇≦)↓

-検証

Copyright© プクリポと絆 ドラクエ10攻略 , 2017 AllRights Reserved.